わきが対策【生活環境編】

画像

その1:食事を見直してみよう

わきがは個人の体質によって重度が変わりますが、臭いの原因となる要素はすべての人が持っています。わきがの臭いはアポクリン腺から分泌される皮脂を含んだ汗を細菌が分解することで臭いが発生します。それではわきがを抑えるにはその皮脂の分泌を抑えることで効果的なわきがが改善できるのです。

また欧米人は日本人より動物脂肪を摂る食生活が浸透していますので約8割の人がわきがであると言われています。つまりわきがを抑えるには、肉類やバター料理などを避けることで臭いを発生させなくできます。

ここで注意したいことは、動物脂肪分を完全に食事のメニューから取ってしまうことではなく、日頃摂取している量を減らすことです。さらにこれらの食品を摂る習慣にしていると体脂肪をつけやすくなりますので健康や美容にも悪影響を与えてしまいますね。

さらにたんぱく質を取り過ぎると汗がたくさん出やすくなりますので、肉や乳製品などの摂取を少なくすることがわきがの予防になります。

その2:ムダ毛のお手入れで雑菌の繁殖を防ごう

一般的に体毛の多い人は汚れや菌がつきやすくなりわきがの臭いが溜まりやすくなります。とりわけ男性は腋毛を剃らないので比較的女性よりもわきがになりやすいと言えます。腋毛を剃る・剃らないは個人の好みによりますが、腋毛を伸ばしておくとアポクリン腺から分泌される皮脂が腋毛に絡みついた菌と混ざって臭いの原因になってしまうことは確かです。

特に男性は常に腋の下を清潔にし、デオドラントでわきがのケアをしておく必要があります。また腋毛を処理する女性にもいくつか注意する点があります。腋毛を剃るときには女性用のシェーバーを使用するようにし、毛抜きで根っこを取らないようにします。それは毛抜きで腋毛をとると、アポクリン腺に刺激を与えてしまうので、汗をたくさんかきやすくなってしまうからです。

さらにレーザー脱毛も毛穴にも優しいのでわきがが重症な人はクリニックで相談してみましょう。このように脱毛をすることでわきがの臭いを少しでも緩和しましょう!

その3:湯船に浸かって代謝を促進しよう

しっかりと良質の汗をかくことでわきがを効果的に予防することができます。良い汗をかくことは新陳代謝を高め、血液中に溜まった余分な脂質や水分などの老廃物をすっきりと排出してくれます。そのためには汗のかく機能を高めることが大切です、入浴や定期的な運動などでその効果を得ることができます。例えば浴槽では約43度高めの温度で手足15分ほど温め、その後水温を36度に下げコップの半分の量のお酢を加え、15分程度の半身浴をしながら手足を動かします。

入浴後には夏でも冷房機などは使用せずに自然の室内温で黒酢ドリンクやリンゴ酢を飲みましょう。このサイクルを3週間ほど続ければ汗腺機能が改善しわきがの臭いを効果的に改善してくれます。

その4:水分補給で便秘を予防しよう

わきがの臭いが便秘に関係していることはご存知でしたか?そこで「どうして便秘がわきがの臭いを出してしまうの?」という疑問にお答えします。汗をたくさんかくとわきがになるから水分を取らなかったりする人もいるでしょう。

しかしこのわきが対処法はおすすめできません。なぜかというと、体内から分泌される汗の量は変わりませんので水分を控えることで便秘になってしまい、腸内からアンモニアをはじめとする臭い物質が汗や呼気などを通して体から排出されるからです。このように便秘になることがわきがに深く関わっていることがわかりました。

そして便秘はとりわけ女性に多いものです。さらにわきがが重症である人は便秘にならないように心がけ、水分は必ず一日の推奨量である1,5〜2リットルは摂取するようにしましょう。

TOPへ戻る

わきがに悩む女性が本気で選んだ!わきが対策クリーム売れ筋NO.1商品は!?
すそわきがって、何が原因?対策は?

わきが対策クリームの選び方

わきがの基礎知識

わきが対策クリームランキング