わきがに影響する食事とは

ここではわきがと食事の関係を知っていきましょう。 わきがは実は最近になって急に聞かれるようになってきた症状です。 そう、食事の欧米化によってカロリーの高い食べ物、つまり肉食などが主となってしまったからです。

実は肉食はニオイを強くする食材として知られており、特に牛や、豚などの動物の肉や、脂質を摂取するとアポクリン腺の働きが活発化し、フェロモンの放出量が多めになっていきます。 もしかしたらわきがかも知れない!と思っている方はお肉を摂取するのを控えたほうが良いかもしれません。 ただし、タンパク質は非常に重要な栄養素、摂取する時は野菜多めに、栄養のバランスを考えて摂るようにしていくことが重要となってくるでしょう。

ニオイの強い食べ物からも影響が!

わきがの方が摂ってはならないと思われる食材。 それがニオイの強い食べ物です。 わきがの主な原因はアポクリン腺によるものですが、ニオイの強い食べ物を摂ってしまうと、なんと皮脂や、エクリン腺から排出される汗からも食べ物のニオイが発散されるようになってしまいます。 これらのことは中々知られていないので、過度に摂り過ぎないように注意しなければなりません。

ニオイの強い食べ物とは、ショウガや、ネギ、にんにく。また、アルコールや、コーヒーなども注意です。 タバコなどもわきがの原因になるようです。

さらに甘いものの摂り過ぎは酸化を招きやすくなり、これもわきがの原因に繋がってしまいます。 何事もほどほどに摂取するようにしましょう。

ニオイを抑える食べ物もある

わきがの方が摂ってはいけないとした食材の多くは酸性。 つまり酸性の食材は身体の酸化を促進させてしまい、ニオイをきつくしてしまいます。 逆に抗酸化作用のあるアルカリ性食品を多めに取り入れるようにすればニオイを抑えることに繋がります。 アルカリ性の食材で真っ先に思い浮かぶのは……そう、梅干しですね。 梅干しは強いアルカリ成分を含有しているので、積極的に取り入れていきたい食材です。 ただし、塩分が高めなのでその点だけは注意しておきましょう。

また、海藻、きのこ、緑黄色野菜もアルカリ性の食品です。 肉食よりも野菜食。 積極的に野菜を食事に取り入れていく工夫が必要となるでしょう。 バランスを整える意味でも、酸性の食事を抑えめにすることでも効果があるでしょう。

TOPへ戻る

わきがに悩む女性が本気で選んだ!わきが対策クリーム売れ筋NO.1商品は!?
すそわきがって、何が原因?対策は?

わきが対策クリームの選び方

わきがの基礎知識

わきが対策クリームランキング