少しでもワキガのニオイを軽減する服装のポイント

ワキガだと服も臭くなる?

ワキガの方は、服をいくら洗濯しても臭いが無くならないとお困りの方も多いと思います。ワキガの臭いは、いくら服を洗濯しても服が乾燥するとまた臭いを放ってしまうと言う性質がありますので、中々洗濯だけでは落としきれないのです。ワキガの原因である皮脂やタンパク質は、洗剤だけでは完全に落としきれない為、ワキガの方が着た後の服と言うのはどうしても臭いが残ってしまうのです。ワキガの臭いを服から消し去ろうと思うと、付け洗いや二度洗いをしなくてはなりません。毎日着る服をそんなに何回も洗うのは大変手間がかかってしまいます。根本的な解決法は、ワキガの臭いそのものを抑えるわきがクリームなどを塗ると言う事が挙げられます。

化学繊維の衣服が臭くなりやすい理由

どうして化学繊維の服は特にワキガの臭いが付きやすいのでしょうか。ポリエステル素材の服などは、繊維が細かくできていて、汗などの吸水性もあまり良くありません。なので、汗をかくとどうしてもワキガの雑菌が繁殖してしまい、臭いも強くなってしまうのです。もちろん、化学繊維などのポリエステル以外の服でも、この様な事は起こってしまうので、化学繊維に限った事ではありません。しかし、綿等の服に比べて、化学繊維の服と言うのは臭いが移りやすく、また消えにくい特徴があると言う事は知っておいた方が良いでしょう。ナイロンやサテンの服を着る際は、普段よりも汗のケアやわきがクリームを塗るなどの対策をしておくことをおすすめします。

選ぶなら綿や麻などの天然素材を

ワキガの臭いが移りにくい服の素材は、綿や麻などが挙げられます。綿や麻の服は汗などの吸水性や通気性も良く、また、すぐに乾きやすい性質があります。そのため、服の中に臭いがこもりにくく、ワキガの臭いがそんなに気にならないと言う嬉しい面を持っています。もちろん、服ではなく、シャツなどのインナーに綿や麻の物を着用すると言うやり方でも効果は望めます。素肌に服を着るのではなく、一旦綿や麻のインナーで汗を吸収した方が臭いも気にならないので、綿や麻などのインナーを着用するというのはワキガ対策としては有効です。天然素材の物は、かぶれにくくお肌が敏感と言う方にもおすすめなので、あせもなどが出てしまう場合にも効果を発揮します。

通気性のよいデザインの服を選ぼう

服のデザインによっては、通気性が悪くなり、余計にワキガの臭いを増殖させてしまうものが有ります。例えば、身体に密着し過ぎている、ワキと服がピッタリとくっつくようなものはできるだけ避けましょう。そのような服は通気性が大変悪くなるので、臭いがキツクなってしまいます。できるだけ袖や襟元などがゆったりとしているデザインの物を選んだ方が臭いが気にならないでしょう。通気性と言う事を良く頭に入れておいて、蒸れそうな服を着た場合にはわきがクリームを塗る等のケアをするとより臭いは気にならなくなるでしょう。

ワキ汗が目立つデザインや汗をかいて不快に感じてしまうような服なども通気性が悪いと考えられるので、着ていて気分が良いものを選ぶのが大事です。

服装だけでなくわきがクリームで対策を

ワキガに悩んでいると言う方は、まず服装やデザイン、素材などを考えるとかなり臭いの元が軽減されるでしょう。化学繊維よりも綿や麻の方がより臭いが移りにくいなど、意外とワキガと服の関係と言うのは知らない方が多いので、気を付けたいものです。服とワキと言うのはよく密着しているものなので、洗濯しても完全に臭いを取り除く事は難しいものです。そんな時に利用して頂きたいのが、女性向けのわきがクリームです。とても効率的にワキガの臭いを抑えられて、服に臭いが移ってしまう事等が避けられます。どんなに服装に注意をしてもやはり臭ってきてしまう、とお悩みの方はこのわきがクリームをお試しください。きっと臭いに対する不安感も和らぐのではないでしょうか。

TOPへ戻る

わきがに悩む女性が本気で選んだ!わきが対策クリーム売れ筋NO.1商品は!?
すそわきがって、何が原因?対策は?

わきが対策クリームの選び方

わきがの基礎知識

わきが対策クリームランキング